MENU

 まあ、偏差値の問題とかもあったんだろうけど、なぜか男子校に入学をしてしまったと言う事から失敗が始まったような気がしてなりません。
中学の時でも女にモテたこともなかったから、どうせ共学にだって同じだよな、なんて思っていたんですよ。
共学の高校に通ったところで、恋人なんかできないだろうって気持ちがとても強かったんです。
男子だけの世界の方が気楽だし、下ネタバリバリ話すことができるから楽しめるんじゃないかなんて楽観していたんです。
ところがですよ、いざ男子校に通うようになってからと言うもの、学校がやたらと重く感じるようになっちゃったんですよね。
女がいないと、ここまで雰囲気が違ってくるのかって感じがありました。
例えモテることがなくても、女がいる環境だったら気分も全く違っていたでしょう。
男ばっかりの世界と言うのは、それほどまでに過酷さを感じてしまっていました。
通学の時とか、下校の時とかも、周囲で楽しそうに同じぐらいのやつらが一緒に歩いている姿をみて、中には手を繋いでラブラブオーラを発散している奴までいて、怒りにまかせて蹴りを入れたくなってしまう気持ちになってしまうぐらいだったんです。
俺も恋人が欲しいな、女と楽しく喋りたいな、せめて女友達ぐらい欲しいよなって気持ちはあったんですよ。
せめてもの救いという気持ちがあって、ネットで女のメル友見つけたりはしていたんですけどね。
所詮はメールだけの関係で、何となく満足行く気分になったなんて事はありませんでした。
やっぱり生の女を目の前にしてお喋りしたいし、手を繋いでデートしたいって気持ちがありました。
高校を卒業したらすぐに就職する気持ちがあって、消防士の仕事を選んだんです。
男のロマンがそこにはあるなんて気持ちがあったけれど、その選択も間違っていたようでした。
彼女できないままに職場でも男ばかりの世界であり、女との出会いがちっともないのです。

これでは高校の時とおんなじじゃないかと、トホホに気持ちになってしまったのでした。